消費者金融を利用する上で知っておきたい基礎知識のほか業者の耳寄り情報など

消費者金融 ガイド

消費者金融 ガイド

消費者金融の利用者数は、およそ1400万人。
この数字だけ聞いても多いのか少ないのかピンときませんが、
少なくとも国民の8.5人に一人は、消費者金融を利用しているということになり、
そう考えるととても身近な存在であるとともに、
なくてはならない存在であるともいえます。

それと同時に、かつてはサラ金などと呼ばれ、無法な取立てや法外な高金利などが
テレビなどのマスコミを通じて、センセーショナルに取り上げられたことから、
世代によっては、あまり良いイメージをもたれていない業種であるという、
側面も持ち合わせています。

しかし、上手に利用すれば非常に便利な存在であるということは、
利用者1400万人という数字が物語っています。
上手に利用するためには、正しい情報や知識を持った上で利用する
というのが最も近道なのではないかと思います。

改正貸金業法の影響

2008年リーマンショックのあおりを受け、
さまざまな業界が大打撃を受けました。
消費者金融業界も例外ではなくこの影響を受けることになります。

さらに2010年に施行された、
改正貸金業法の影響が業界再編に拍車をかけることになります。

利用者から見た場合、総量規制に関しては借り入れ先が減ってしまうという
表面的にはネガティブな要素と、上限金利の引き下げという
ある意味ではポジティブな要素を併せ持った改正であったといえます。

また、こういった改正は度々行われているもので、
高頻度で利用しているという利用者でない限り、細かいところまでは
なかなか知られていないというのが現状なのではないかと思います。

いざという時に

病気やけが、冠婚葬祭、給料日までの生活費などなど、
私たちの生活の中で、突然お金が必要となってしまう場面は、
意外と多くあるものです。
そんなとき消費者金融は最も手軽で迅速に融資を受けることが出来る、
借り入れ先であるといえます。

当サイトでは、消費者金融を利用する上で知っておきたい基礎知識のほか、
業者の耳寄り情報をまとめてみたいと思います。
消費者金融を利用する際の参考にしていただければと思います。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 ガイド ALL RIGHTS RESERVED.